ホーム > 注目の専攻 > 環境学

■ 環境学

様々な科学の研究が盛んなANUですが、中でも環境学の分野においては、オーストラリアだけではなく、世界的にも珍しい経済学者、水質学者、歴史学者、生態学者、森林学者、地理学者、そして気象学者が共通の「環境問題」に対してアプローチする研究体制を整えています。

●オーストラリア国立大学の環境学系で学べる専攻はこちら

Master of Environment

この専攻では前述した通り、環境学で必要となる知識を身に付ける科目を履修するほか、ANUで開講されている様々な専攻(環境学に関するもの)を柔軟に選び、個人の興味に沿ったカリキュラム構成ができるのが魅力です。結果、個人の分析能力を高め、また環境学に関する幅広い知識を身に付けながら、興味ある特定の分野の学習を深めることも可能となります。

●このコースについての詳細はこちら

<コース概要>

コース名 期間 コース開始 入学条件 英語力
Master of Environment 2年 2月・7月 専攻問わず学士号を取得しており、優秀な成績を修めているいること。関連性のある学部出身の場合、単位免除となる可能性あり。 TOEFL80(R&W20、S&L18)
IELTS6.5(各セクション6.0以上)